2006年07月19日

第30回キューポラ杯争奪戦 決勝戦。

「キューポラ杯のキューポラってどんな意味なんですか?」

と聞かれると、吉永小百合の『キューポラのある街』を知らないのか?
 


『キューポラのある街』(1962年浦山桐郎監督)

鋳物の町として有名な埼玉県川口市。

「キューポラ」とは、
鋳物をつくるために鉄を溶かす溶銑炉のことだ。
鋳物工場の屋根から飛び出た煙突があちらこちらで
煙をたなびかせている。

......

と言っても・・・知らないそうですが・・・
キューポラ - Wikipedia


まぁ、由来はどうでもいい訳ですが・・・

今日7/19は
第30回キューポラ杯争奪戦(G機決勝戦。
多分・・・ネットで観戦する予定。

それにしても、準決9R
雨走路連対率100%の岡部がまさかの失格。

川口オートレース場 7月18日成績表
準決勝戦  3100M
着順 枠番 選手名 LG 呼名 ハンデ 試走 競走 ST スタート
1 3 栗原 勝測 プレイバック 10 3.69 3.765 19       
2 1 中田 義明 プッカプカ 0 3.72 3.800 13       
3 5 鈴木  清 アルティマ 20 3.73 3.776 07       
4 6 西村 龍太郎 サンドリア 20 3.71 3.779 11       
5 2 増田 伸一 アラシ 10 3.74 3.804 23       
6 7 永富 高志 S・ジルダ 20 3.74 3.804 10       
7 4 筒井 健太 トラタイガー 20 3.73 3.872 08       
8 岡部  聡 フラッグシップ 20 3.65
26       


7/19 準決9R 映像

4/28の第25回オールスターの準決勝戦と同じような形でしたが・・・
今回は車体が思いっきり当たっていましたから・・・仕方がありませんか

岡部は本当に雨走路に本当に自信を持っているみたいですから・・
決勝にのればタダもらいですからね・・・・。

岡部が雨の時抜かれたのを見たのは・・・
何年前のことになるのか・・・確か
島田がインからぬいたのを見たのが最後ですね

まぁ、そんな訳で決勝戦の予想。
まぁ 雨走路予想ですが・・・。


平成18年7月19日 川口レース場  12R  発走予定時刻 17:46
第30回キューポラ杯争奪戦(G機法〕ゾ\  4100M
枠番 選手名 ランク LG 級別 呼名 ハンデ 準決勝成績
1 篠崎  実 A 1 マエストロ   20 川  7/18 10R
1  3.746 3.72
2 青木 治親 B 1 キツネFOX  20 川  7/18 11R
1  3.736 3.75
- 3 山田 達也 S 1 プルートウ   20 川  7/18 12R
1  3.782 3.74
4 穴見 和正 S 1 プラダ1    20 川  7/18 11R
2  3.759 3.77
5 佐々木 啓 S 1 ミザリー    20 川  7/18 10R
2  3.752 3.70
- 6 橋本 和美 A 1 TFパワーボム 10 川  7/18 12R
2  3.807 3.73
7 栗原 勝測 A 1 プレイバック  10 川  7/18  9R
1  3.765 3.69
- 8 中田 義明 A 1 プッカプカ   0 川  7/18  9R
2  3.800 3.72

篠崎から流す予定。(今の所・・・)

まぁ、スタート勝負なんでしょうが・・・

追加。
2号車の青木治親が優勝しました。 G1初優出、初優勝。
何か中継を見ていたら、治親にとらせたい雰囲気が・・・。
G蟻茖械芦鵐ューポラ杯争奪戦(川口)優勝戦回顧

レース映像

 
 参照リンクの無いTBはご遠慮下さい。コメントTBは、確認後表示する設定です。  
 公開されたくないご意見ご感想はその旨を添えて送信をお願いします。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/para080/50544838
     名前
     
     メール(webに公開されます。)
     
     URL
     
     コメント
     
       情報を記憶: