2006年06月03日

「セキュリティの警告」の広告に注意?

最近、(Flash・Shockwave)の
GOLFゲームをよく暇つぶしににやっています。

今、ハマっているのは 
(Mini Putt 3) ミニ・パット3 何ですが・・・。
http://game.ayumex.lunarpages.com/mini_putt3.php

これが、またシビアで、単純なゲームなのに難しい訳で・・・
未だにアンダーパーを出した事が無いのですが・・・
知り合いは、余裕で・・アンダーパーのスコアーを出したのですが・・・・。


他の、面白いGOLFゲームは無いのか?と検索すると・・・
よく、海外サイトにたどり着きますが・・・

よく、こんな表示が出て、あせる時があります。

OSからのセキュリティの警告に一瞬見えますが・・・



(クリックすると画像が元のサイズに表示します。)

やべ、ウイルス踏んじまったか? 

と一瞬思いますが、

まぁすぐに広告とわかる訳で・・・。
別に押さなければ、何も問題無い訳ですが・・・

これとはちょっと違うかも知れませんが、
こんな、広告が今問題になっているみたいです。

「ウイルス感染の恐れ」、対策ソフト購入迫る広告に苦情相談急増
「あなたのコンピューターをすべての脅威を防ぐため、
ご覧のプログラムをダウンロードしてください」。
埼玉県内に住む60代男性会社員は5月上旬、
インターネットで海外のブログ(簡易型ホームページ)を見ていた際、
画面上に日本語の妙な広告を見つけた。
「2月に発生したウイルスも除去可能」の宣伝文句に誘われ、
プログラムを取り込んでパソコンに導入。直後から
「ウイルスに感染している。駆除にはクレジットカード番号を入力して購入を」
と求めるメッセージが画面に繰り返し表れた。
表示を消す作業が煩わしく、本来のパソコン利用の妨げになるため、
男性はやむなく約5000円をカード決済したという 

IPAによると、
こうしたウイルス対策ソフトの購入をしつこく迫る「広告」をめぐる相談は、
2005年11月から寄せられ始めた。今年3月は4件だったが、
4月は40件に急増。5月も41件あり、累計で100件を超えた。
[2006年6月2日/日本経済新聞 朝刊] 一部抜粋。(cache) 

「ウイルス対策ソフト」の押し売りに注意・IPAが警告
サイトを閲覧している際に、パソコンに勝手にプログラムがダウンロードされ、
そのプログラムがウイルスに感染しているという偽のメッセージを出して、
対策ソフトの購入を迫るという。
[2006年5月2日/IT PLUS] より (cache) 


昔、ダイヤルアップ接続が主流の時は、
無料動画DL とかの表示で確かに、動画は無料ですが、
国際電話回線に通信設定を変えられる広告が問題になった事がありましたが・・

「My Internet Life」
http://www.kaiteki-net.com/nettrouble/netcrime/netcrime4.html


サイトを閲覧している際に、パソコンに勝手にプログラムがダウンロード...

常識として、海外サイトはもちろんの事、ネット巡回をする時は、
セキュリティをしっかりしてからと言うのが当たり前ですよね?

普通、勝手にDLされないと思いますが?どうなんでしょうかね?

表示を消す作業が煩わしく、本来のパソコン利用の妨げになるため、
男性はやむなく約5000円をカード決済したという 


クレカの番号入れる方が・・・怖いと思いますが・・・・

普通、OSを入れなおすとか、の方法をとると思うのですが・・・。


今回は、紛らわしい広告。で問題になっているのと思いますので・・・・。

情報処理推進機構(IPA)より日本広告審査機構(JARO)の方が・・・・(オチ)


日本じゃ無いし・・・と言うのは別にして・・・
中には本当に悪質なサイトがあるのかもしれませんが・・・・。


 
 参照リンクの無いTBはご遠慮下さい。コメントTBは、確認後表示する設定です。  
 公開されたくないご意見ご感想はその旨を添えて送信をお願いします。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/para080/50519769
     名前
     
     メール(webに公開されます。)
     
     URL
     
     コメント
     
       情報を記憶: