2006年04月07日

ブライドルレザーの財布

東京競馬場などJRAの競馬場にいくとターフィーショップをのぞきますが、
記念グッズは興味がありませんが・・
競馬の鞍や手綱に使われている牛革で作られた財布やバッグが気になります。

使っている知り合いもいますが、かなり質がいいみたいで・・・

「よし、儲けて買うぞ!!」 と 毎度思うのですが・・・・。

買った事はありませんが・・・・。
便利になったもので、今はネットで買えます。

ターフィー通販クラブ:競馬グッズ

>上質な革製品で定評のある、馬具と革製品の専門メーカー『ソメスサドル社』製です。 

探すと、ソメスサドル社のネットショップがありました。
SOMES ONLINE SHOP

一口に「馬具づくり」といっても、なかなか奥の深いものがあるのをご存じでしょうか。
初めに、素材の買い付けがあります。すぐれた馬具には、
本物の頑丈さとしなやかさを合わせもった牛皮が不可欠です。
最近では、飼育技術の発達で、本来なら3年を費やすものをわずか1
年半で成牛に仕上げる「促成飼育」が増えましたが、
馬具には、こうした「ごまかし」はききません。ソメスはイギリスやドイツ、イタリアなどで、
本物を提供する皮革メーカーと提携し、厳選され、吟味された素材を確保しています。
それは、「既製品」の皮革ではなく、ソメス独自の厳しい仕様でオーダーされ、
創られた素材なのです。
ソメスサドルについて/SOMES ONLINE より一部抜粋。


いつか、買おうと思いながらも、何時でも買えますし・・
別に今必要ではないし・・・・正直、値段が・・・。

と思って縁が無い物だと思っていましたが。

すると、知り合いの話ですが
ユニクロの財布は 「ブライドルレザー」  だそうで・・・。

ブライドル・レザー とは
ブライドルレザーというのは乗馬用の鞍や手綱に使われている
カウハイド(成牛の革)で、耐久性と独特のヌメリ感が特徴。
フルグレインカウハイド(成牛の表皮)を
約6週間天然植物エキスを用いてなめし、染色を施し約3ヶ月かけて
蜜蝋を染みこませた革で、元来は馬具メーカーが馬の鞍を造る為に開発をした素材。
耐久性に富み、使っていくうちにその光沢、艶が増し、味わい深くなっていきます。



同じ馬具用の革ですし・・・。
これは、スゴイ 早速買わなければ・・・と思いましたが
1000円で売っているけど、流通在庫のみで、都内は全滅との噂が・・・

確かに、ユニクロドットコム。 にも見当たりませんでしたが・・・

探せば、あるもので 埼玉と千葉のお店に在庫があったそうで
ついでに買ってきてもらいました。

財布

しかも、500円で
売っていたそうで・・。


ъ( ゚ー^)



ブライドル・レザー素材の財布を普通に買おうと思うと
10000円以上しますから・・・
質屋でも多分いい値段になるかも・・・

では無く、結構気に入りました。使い込んだ後の色変化が楽しみです。


Posted by para080 at 00:45│Comments(0)TrackBack(2)Edit
 
 参照リンクの無いTBはご遠慮下さい。コメントTBは、確認後表示する設定です。  
 公開されたくないご意見ご感想はその旨を添えて送信をお願いします。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/para080/50456808
この記事へのトラックバック
久しぶりにお出かけです。 旭川を出発し、国道12号線を下っていきます。 まずは深川にある道の駅「ライスランドふかがわ」に寄りました。 北海道有数の米どころ、深川らしく、お米をテーマにした道の駅です。 ...
ないえ温泉とか北菓楼とか【北海道旅行を207倍楽しむブログ(仮)】at 2006年04月09日 15:02
★ソメスサドルは、日本唯一の馬具メーカー。 厳選した一流の素材を使い、熟練の職人が作り上げる馬具は、 あの武豊も愛用し、また皇室にも収められているそうです。 ■馬具作りによって培われた、確かな技術によ...
ソメスサドル【北海道旅行を207倍楽しむブログ(仮)】at 2006年04月09日 15:06
     名前
     
     メール(webに公開されます。)
     
     URL
     
     コメント
     
       情報を記憶: