2006年03月28日

永源遥 引退。

日曜深夜のノア中継で 永源引退涙の最終戦 を放送していました。

永源選手、正直永い間お疲れ様でした。

これぞ永源ワールドだ!26日に故郷・中能登町大会で40年の現役生活に
ピリオドを打つ永源遥(60)が23日、最後のシリーズ
「永源遥 引退記念興行」をスタート。
後楽園ホールでのラストマッチは三沢光晴(43)と組み、
永遠のライバル百田光雄(57)、“鉄人”小橋建太(38)組と対戦。
同じ石川県出身で、 永源の仲人も務めた森喜朗前首相(68)も観戦する中、
小橋の容赦ないチョップに胸を真っ赤にはらしながら、
超満員2100人観衆を永源一色に染めた。聖地・後楽園が笑いに包まれた。
headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060324-00000022-dal-spo   (cache) 

つば攻撃よ、永遠に。プロレス史に残る名脇役・永源遙(60=ノア)が26日、
生まれ故郷の石川・中能登町で行われた引退記念興行に臨み、
40年のレスラー人生にピリオドを打った。
89年に開発?された「つば攻撃」は緊張もあり4発だけの噴射。
しかし、過去に女優の常盤貴子や巨人軍選手らにも見舞った“最凶兵器”は
K点越えの勢いで秋山に誤爆。会場を笑いと恐怖の渦に巻き込んだ。
headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060327-00000014-spn-spo  (cache) 


新日本プロレス在籍していた時の試合から見ていましたが
正直、その当時は小学生でしたので、まだ良さがまったくわかりませんでしたが、

ジャパンプロレス→全日本プロレスに移籍し

「悪役商会」VS「ファミリー軍団」 の戦いからツボにはいりました。

本当にプロレスは楽しいと思いました。

「シュート(真剣勝負・ガチンコ)を超えたもの、それがプロレス」

と言うG.馬場の名言を思い出します。

〜永源 遥さよならツアー〜
には1回位行こうと思っていましたが結局行けませんでしたが・・・

最後に、TVでいいものを見させてもらいました。
小橋のチョップで胸板が真っ赤に染まる永源選手・・・。面白かった・・。

土曜日の新日本プロレス中継の 
レスナーVS曙 がグダグダでしたから余計に・・・。


それにしても、「プロレス・ニュース」で流れた。
常盤貴子にツバをジャストミートした映像は今も忘れられません(w


参考。

「プロレスニュース」は福澤アナの「プ・プ・プロレスにゅ〜す」と、
くだけた感じのナレーションだったため馳浩(当時新日本プロレス、現衆議院議員)
などは「プロレスを馬鹿にしている。許せない。」と息巻いていた。(後に和解したようだ。)
全日本プロレス中継 - Wikipedia

2年目の「全日本プロレス中継」では「何も知らないでプロレスを語るな」の
やじが会場に響いた。脅迫まがいの手紙も届いた。
nikkansports.com インタビュー 福沢朗

日本プロレスを語れる、最後のレスラーの引退。
http://number.goo.ne.jp/kakutogi/20060209-prowre.html

永源遙 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B0%B8%E6%BA%90%E9%81%99

 
 参照リンクの無いTBはご遠慮下さい。コメントTBは、確認後表示する設定です。  
 公開されたくないご意見ご感想はその旨を添えて送信をお願いします。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/para080/50449734
この記事へのトラックバック
プロレスラー永源遙が引退した。 まずは60歳までプロレスラーを続けたことに敬意を
永源遙 引退【思索日記】at 2006年03月29日 22:08
     名前
     
     メール(webに公開されます。)
     
     URL
     
     コメント
     
       情報を記憶: