2006年02月21日

地上デジタル放送受信のため

「競馬、競輪、競艇を実況中継中」
と看板がある喫茶店に行かなくなり何年もたちましたが・・・

オートレースや南関東競馬はライブ放送がかなり使えますので
パソコンがあれば不自由は無いのですが

競輪や競艇、はCSが無いとかなり不便です。
一時期、何かの電話投票のキャンペーンで貰ったスカパーのチューナーを
愛用していた時期もありましたが・・・・

(南南西の方角)に大きな障害物(マンション)が建ってしまい解約の事態になりました。

それだけならいいのですが、地上波の写りも悪くなってしまい困っていましたら
今すんでいる所が某ケーブルTV対応になりました。

工事費用は無料だったのですが、
その当時は不在がちでしたので、連絡を担当者にお願いしたのですが
何か知りませんが無視されてしまい、設置されず。
今までゴーストとUHFチャンネルが見れない日々で生活していました。

まぁ、別に気にしてはいませんでしたが、
昨日部屋のドアを見るとCATV会社からのビラが挟んでありました。

点検商法か?古い手をと思いましたが、

よくみると、不動産屋からのチラシも同封されており

「地上波デジタル放送の視聴の為の受信整備を全室実施」

だそうで・・・。
まぁ5年後の完全デジタル化されたら今のままではTVが受信出来なくなりますが、

流石に5年後はココに住んでいないと思いますが・・。
一応今回は、管理会社からの通知ですので工事をしてもらおうと思います。

取りあえず、問い合わせの電話をしましたが
コールセンターがまったく話にならないのは、仕様なんでしょうか?

また、担当者が不在ですので折り返し連絡をいただける約束をしましたが・・・
さぁ連絡はくるのでしょうか?

パススルー方式だと思いますが、
(同一周波数)なのか(周波数変換:CATVパススルー)も問題ですし・・・。

もし設置費用を取られたら・・・泣きますよ・・・

3/6 J:COM(ジェイコム) の対応 に続く・・。

参考。

地上デジタル放送受信のために必要なこと(2) (MYCOM PC WEB)
【特集】地デジのインフラ整ってますか - 意外と知られていない受信のツボ (10)

1.パススルー方式(同一周波数)
地上デジタル放送の電波を、そのままの周波数で、CATV網を通じて再送する方式。
STBの地上デジタル放送に対応したテレビやビデオなどがあれば、そのまま受信できる。
アンテナを立てて地上デジタル放送を受信する場合となんら変わりはない。

2.パススルー方式(周波数変換:CATVパススルー)
地上デジタル放送を、別の周波数に変換して再送する方式。
CATVパススルー方式に対応したチューナーが必要になる。
対応した機器があれば、同一周波数パススルーの場合と同じように視聴できる。

3.トランスモジュレーション方式
STBからの映像/音声信号を使用している機器で表示させる方式。
ハイビジョンに対応した機器ならば、ハイビジョン映像を楽しむことができるケースもある。


ITmedia
関西で火の手が上がったCATVの「区域外再送信」問題 

と言う事は、都内でCATV経由でのデジタル放送は
 
視聴可能。
NHK・日本テレビ・TBS・フジ・朝日・テレ東・MXTV

視聴不可
TVK(TV神奈川)テレビ埼玉 千葉テレビ

と言う事?


Posted by para080 at 14:14│Comments(0)TrackBack(0)Edit
 
 参照リンクの無いTBはご遠慮下さい。コメントTBは、確認後表示する設定です。  
 公開されたくないご意見ご感想はその旨を添えて送信をお願いします。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/para080/50411813
     名前
     
     メール(webに公開されます。)
     
     URL
     
     コメント
     
       情報を記憶: