2006年01月08日

5歳の甥っ子が・・。

実家でゆっくりしていましたが、戻ってきました。
電車賃は、浜松オートやら、近くのパチンコ屋で稼がせてもらいました。

一瞬、罠と思いましたが・・・
1000回越えの「吉宗」美味しくいただきました。

静岡県はいい所です。

話は変わりますが、実家の近くには兄夫婦が住んでいます
リアル  「クレヨンしんちゃん」 みたいなもんで 子供2人 長男5歳 長女2歳

まぁ”おじさん”としては、かわいい甥、姪のためにお年玉をあげようと
兄夫婦の家を訪ねました。

「どーも。こんにちは」

と部屋に入ると、5歳の甥っ子が

「もえー もえー」 と叫んでいました。

はぁ? とうとう・・・萌え文化はこんな子供も蝕んで・・・。

と思いましたら、家族で「電車男」を見ていたそうで・・・。
何か知りませんが・・・「萌え」 という言葉がえらい気に入ったそうで・・・。

本来なら、「ヤメナサイ」と言う所ですが、このコが

「ねえ?もえってどこにあるの?」 と純粋な目で訊いてくるのではありませんか

おいおい、止めろよと、兄に目配せをしたのですが・・・。

「このお兄さん詳しいからきいてみな」 と煽りはじめました。

俺を、どんな風に思っているのか・・・。と思いましたが

『幼稚園の先生に訊いてみな?』 と答えましたら

「××先生は萌えじゃないね」と兄夫婦が・・

こっちが本当に困っているのに・・このコはまた

「ねぇ、もえってどこにあるの?」 と訊いてきました。

仕方がないので・・・。
『と、東京にあるよ・・。』 と答えましたが・・・

兄夫婦は喜んでいましたが・・・。
子供は何か納得はしていないようでしたが・・・。

『でもね、友達の前で言ってはダメだよ』とは言ってはおきましたが・・・。

「妹いるよね、今ね、妹の事を萌えと言うんだよ」 
とかもちろんいいませんでしたよ・・。

言ったら本当に出入り禁止になるますから(笑)
萌え - Wikipedia

純粋な子供の夢?を壊さないように・・・努力はしたと思いますが・・・。
他に何と答えればよかったのか・・・

今年7−9月にフジテレビ系で放送された連続ドラマ「電車男」全11話
が、来年1月2日(午前9時50分)、3日(午前9時15分)に一挙放送さ
れる。同時間帯は毎年、日本テレビ系で「箱根駅伝」が生中継されて高
視聴率を誇るが、フジが駅伝に“電車”で挑む正月決戦となる。

 “打倒箱根駅伝”を掲げた同ドラマ、若松央樹プロデューサーは「“共に
走る”企画を考えた」とオタクによる“アキバ駅伝”の開催を決定。走者は
劇中のネット住人役の俳優やタレント約20人。東京・台場から秋葉原間
(約10キロ)を3、4チームで競うもの。各話の間に数分ずつ放送予定。

「電車男」最終回の1シーン。2人の恋を見守ったネット住人たちが、
オタク駅伝では秋葉原を目指し爆走する
ZAKZAK 2005/12/05


Posted by para080 at 02:18│Comments(0)TrackBack(0)Edit
 
 参照リンクの無いTBはご遠慮下さい。コメントTBは、確認後表示する設定です。  
 公開されたくないご意見ご感想はその旨を添えて送信をお願いします。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/para080/50368186
     名前
     
     メール(webに公開されます。)
     
     URL
     
     コメント
     
       情報を記憶: