2005年11月29日

東京コミックショウのショパン猪狩さん 死去

ショパン猪狩さんが死去…「東京コミックショウ」などで活躍
「レッドスネーク、カモン!」と呼び掛けるヘビの芸で人気を集めた 東京コミックショウのショパン猪狩さん=本名・猪狩誠二郎(いがり・せいじろう) =写真(共同)=が今月13日午前0時17分、心不全のため 東京都目黒区の病院で死去していたことが25日、分かった。76歳だった。 葬儀・告別式は近親者で済ませた。

猪狩さんは夫人の千恵子さんと昭和32年に東京コミックショウを結成。 ターバンを巻いた猪狩さんが吹く笛の音に合わせて、 夫人が操る3匹のヘビがコミカルに演技するショーで人気だった。
SANSPO.COM−芸能


昨日ニュースになった様ですが・・・16時間ほど寝ていましたので
今朝、訃報を知りました。

子供のころたて笛でピロピロとマネさせていただきました・・。
それにしても・・・子供の時TVで見た芸人がまた死んだわけですが・・・。
私も歳をとったということですね・・・。

少し前、日刊ゲンダイの「あの人は今こうしている」
で奥さんが体調不良の為、活動停止中と書いてあった気がしますが。

へびのネタを封印だったのでしょうか?

調べてみると1993年に千重子さんは中の人を引退したみたいですが?

記憶が曖昧で・・・。

猪狩千重子
1932年6月22日生
  千葉県館山市出身
1949年11月
県立安房高等女学校中退、小牧バレー研究所に入部
1951年
益田 隆舞踊思に入団 進駐軍のフロアーショーで活躍
そこで運命の人・ショパン猪狩と出会う
1955年
ショパン猪狩と結婚出産を機に表舞台から東京コミックショウ
の 裏方と育児に専念
1972年
40才で再び東京コミックショウの舞台に復帰する
1993年
3月 東京コミックショウのスネークショウを引退
1994年
現在、シルバータレントとしてバラエティ、CM及び福祉思体や
婦人サークルの講演等で積極的に活躍中
著書 「スネークショウの箱の中 」猪狩千重子(≡一手薦)
講演 「生さる為には、いろいろありまして」(60分〜90分)
「60才からの、ツッパリ人生」       〃
http://www.maseki.co.jp/main/Event/KOENKAI/Koen_1.html


最近の吉川潮のコラムに
ショパン猪狩は今年、芸歴60周年を記念する会を開いた。
久しぶりで見たが、ショパン同様、ヘビたちも健在であった。

と書いてあったので、安心していたのですが・・・。

非常にくだらない芸なのに・・・何度同じネタを見ても面白かった
素晴らしい、寄席芸人の方でした・・・。

すばらしいマジック(本人談)をありがとうございました。

御冥福をお祈り致します。


「レッドスネーク カモン!」

かもん!!

東京コミックショウショパン猪狩と妻千重子
asahi.com:ショパン猪狩と妻千重子 -2008年02月02日 トラベル「愛の旅人」

Posted by para080 at 11:00│Comments(0)TrackBack(0)Edit
 
 参照リンクの無いTBはご遠慮下さい。コメントTBは、確認後表示する設定です。  
 公開されたくないご意見ご感想はその旨を添えて送信をお願いします。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/para080/50326747
     名前
     
     メール(webに公開されます。)
     
     URL
     
     コメント
     
       情報を記憶: