2005年11月14日

インテル製品との思い出「Pocket Concert」

今更の話ですが 米国市場ではAMDがintelより売れているそうで

ちなみに私は・・・
AMDのOEM向けのプロセッサ価格表にすでに載っていない
Athlon XP を利用していますので
AMDのシェアがあがる事はいいことだとモチロン思います。

まぁ。コストパフォーマンスはAMDの方がいいに決まっていますが・・

昔は、 AMD系CPUの場合
デバイスドライバーの不具合 相性問題等、悩まされました。

あー早くドライバーバージョンアップしないか・・・・
こんなトラブルを友人に話すと、

「だから、王道のインテルじゃないとダメなんだ」
「パーツメーカーはインテルを中心に回っているんだから」


等言われた事を思い出します。

別に人柱が好きだからでは無いのですが・・・。
結果的に・・・人柱に・・・

こんなニュースがありますのでしばらくはAMDの天下が続くと思います。

離反か?インテル派のデル、AMDチップ販売に乗り出す - CNET Japan
http://japan.cnet.com/news/ent/story/0,2000047623,20090540,00.htm

「デュアルコアのPentium 4は急ぎで作ったもの」,Intel技術者が認める:IT Pro
米IntelのエンジニアであるJonathan Douglas氏は先週,
マイクロプロセッサのコンファレンスで「Pentium Dチップは市場に急ぎ投入されたので,
結果として技術的に間に合わせの仕事となった」と話した。
http://itpro.nikkeibp.co.jp/free/NT/NEWS/20050822/166605/

当時、王道を行っていたインテル製品を一度買ったことがあります。
それは・・・
「Intel Pocket Concert」
Pocket Concert
インテル製の携帯用MP3/WMAプレイヤー。
内蔵メモリ専用タイプの製品でメモリ容量は128MB。PCとはUSB経由で接続する。
電源は単4電池2本で、最大10時間の動作が可能。
FMラジオ機能も備えている。
http://www.watch.impress.co.jp/akiba/hotline/20010720/ni_i_mb.html#ia 

2001年発売の品で たしか7000円位で買ったと思います。

当時としては、すごいお得な製品で 3万以上で売っていた製品が
7000円ですよ・・・。

とうとう俺も 王道に・・・と思ったのもつかの間・・・

音はいいのですが・・・周りの評判は・・・

「何?この丸いの」「趣味悪いね」 等、誰も褒めてはくれませんでした。

「分かってないは・・君たち天下のインテル製品だよ」

と反論していたんですが・・・・

その時すでにインテルはコンシューマ製品からの撤退を発表していたんですね・・・。
だから安かったのか・・・。

インテル、「Pocket Concert」のサポートを2003年9月30日に終了
http://www.watch.impress.co.jp/av/docs/20020412/intel.htm

こんな、インテル製品との思い出でした。 。..._| ̄|○

Pocket Concert 1

 
 参照リンクの無いTBはご遠慮下さい。コメントTBは、確認後表示する設定です。  
 公開されたくないご意見ご感想はその旨を添えて送信をお願いします。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/para080/50308298
     名前
     
     メール(webに公開されます。)
     
     URL
     
     コメント
     
       情報を記憶: