2005年10月07日

国勢調査員が・・・

今年は国勢調査の年のようで・・・

今回の調査はプライバシー意識の高まりを受け、
総務省が全世帯に、密封提出が可能な封筒を配布
これまでも密封提出は容認されていたが、専用の封筒が配られたのは初めて

『噂の真相』が休刊になった理由の一つ
個人情報保護法のおかげと言うわけではないのでしょうが
今回の調査票は封筒付きなんですね。

今回は手渡しされず、調査票だけがポストに入れてありました。
調査員の名前、回収日も分からないのですが

まぁ、別に拒否する気も無いので、ある程度記入し、調査票の回収を待っていました。

何も連絡がなくそのままにしておきましたが
今回家に戻った所、こんな紙(連絡メモ)がドアにはさんでありました。
2日間紙がはさんだままで、留守がバレバレなのは仕方がありませんが・・

    記入のお願い
調査票         にうかがいましたが ご不在でしたので
    受 け 取 り

 あらためてうかがいたいと思います。

この日以外に ご都合の良いときがある場合は ご連絡くださるよう
お願いします

連絡先 ●●苗字のみ
電話 ( )←未記入


すみません・・・。
確かに大変だとは思いますが・・

私の事を調査員が警戒しているのか・・・
それともやる気が無いのか?

読売新聞の勧誘員は30分粘りましたよ。
(もちろん拒否しましたが)

連絡しようにも出来ませんので、このまま放置します。
役所に郵送する気もありませんし・・。結局の話

対面方式の集め方は時代遅れで限界なんでしょうね・・・。

色々調べていたら、こんな回収方法をしている場所があったそうです。
プライバシー感覚以前の問題のような・・

国勢調査

Posted by para080 at 01:45│Comments(0)TrackBack(1)Edit
 
 参照リンクの無いTBはご遠慮下さい。コメントTBは、確認後表示する設定です。  
 公開されたくないご意見ご感想はその旨を添えて送信をお願いします。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/para080/50254486
この記事へのトラックバック
個人情報を流れる背景には個人情報がビジネスになるからだ。 企業や団体に所属する社員が小遣い稼ぎでデータを持ち出すケースが多い。これまではDM用に使われるケースが高かったのだが、それが振り込め詐欺などに悪用されるようになって、法律が施行されるスピードが速まっ...
個人情報保護法の光と陰【かきなぐりプレス】at 2005年10月07日 18:55
     名前
     
     メール(webに公開されます。)
     
     URL
     
     コメント
     
       情報を記憶: