2005年09月16日

テレ朝「NANDA!?」プロレスの「チョップ」特集

猪木、馬場の東京ドーム引退興行を観戦し 明大前の「梵婆家」(ボンバイエ)
にも行ったことがありますので多分・・・
いっぱしのプロレスファンを名乗ってもいいと思いますが・・

たまたま、テレ朝の「NANDA!?」をみたところ、プロレスの「チョップ」の特集をしていました。

テレビ朝日 9/16(金)0:16〜0:46 NANDA!?

超一流アスリートを迎え、奥義追求トーク!テーマ「チョップ」
出演:天龍源一郎、小橋建太、天山広吉
▽3大レスラー夢の競演!プロレス技を徹底分析
▽驚異の衝撃力実験


長島三奈やせた?と思ったわけではなく、相変わらず、源ちゃん(天龍)はすごいな〜。
小橋のチョップ連打!も手打ちではなく、 逆手でバランスをとっていることにビックリしました。

来週、続きをやるそうですので、楽しみにしていますが

しかしプロレスラーの「チョップ」といえばやはり、ジャイアント馬場さんだと思います

ふと、この番組をみて、こんな替え歌を思い出しました。

♪〜
どんぐりコロコロ 馬場チョップ ♪
おいけにはまって 馬場チョップ ♪
どじょうが出てきて 馬場チョップ ♪
最後の決め手は  ラリアートー♪

確か・・・こんな感じだったと思いますが・・・
(試合がはじまり・・)(ロープに振ったよ・・)(流血したけど・・)だった?

昭和57年(1982)〜のG馬場VSハンセン (PWF選手権)の争いがありましたが
59年頃から・・・馬場さんが逆水平「チョップ」を連発しても、
最後はハンセンのラリアート一発で終わってしまう。
晩年の馬場さんの悲しい替え歌でした・・・・。
9/17 追記
ノアの東京ドームでの小橋×健介戦のチョップ合戦は客が沸いたみたいですが・・・
新日のドームでは、この技でどよめきがおこりました。
中西
 
 参照リンクの無いTBはご遠慮下さい。コメントTBは、確認後表示する設定です。  
 公開されたくないご意見ご感想はその旨を添えて送信をお願いします。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/para080/50221503
この記事へのコメント
『週刊プロレス』の先週号でも、チョップ特集をやってましたね。やっぱり、7月の小橋×健介戦で、チョップのすごさが再認識されたんでしょうか。なんちゃって。けっこうプロレス好きでして。
Posted by よが at 2005年09月16日 09:01
「週刊ファイト」派ですので週刊プロレス誌は未読ですが(w

ノアのドーム大会は良かったと生観戦した方から聞きました。
客のノリも良かったのでしょうが・・「チョップ」だけ会場を沸かせる試合ができるのははすごいですね。
Posted by para080(管理人) at 2005年09月16日 16:11
     名前
     
     メール(webに公開されます。)
     
     URL
     
     コメント
     
       情報を記憶: