2005年08月21日

大井川。川越しまつり

77里
東京の日本橋より大体、77里22町45間 離れている場所のお話

「箱根八里は馬でも越すが、越すに越されぬ大井川」

で有名な大井川ですが、
8月21日(日)に大井川川越しまつりをやるようです。

<祭> 大井川川越しまつり
21日 静岡県島田市
江戸時代、架橋や渡船が禁じられた大井川で、
旅人は2本の棒の間に板を渡した輦(れん)(連)台に乗り、
人足に担がれて渡った。
川を挟んだ島田市と金谷町が
ことし合併したのを記念して行われる川越しまつりで、
当時を再現する「輦台越し」が
島田側と金谷側の2会場で披露される。

旅姿の武士や女性が下帯だけの人足に担がれ川に入るが
実際に川を渡るのは島田側だけ。
水のない金谷側は河原を歩く。
島田会場はJR東海道線島田駅バス約10分 、
金谷会場は大井川鉄道新金谷駅徒歩8分。
(電)0547・37・1241市観光協会。
(電)0547・46・2844金谷観光協会

東京新聞<祭>大井川川越しまつり


川越や川越街道と言うと、埼玉県川越市の事と思いがちですが・・・。

川越人足の格好(褌、丁髷かつら)をし輦(れん)(連)台を担ぎます。
まぁ、神輿を川の中で担ぐみたいなことです。

大井川も江戸時代と違い上流のダムが水をせき止めていますので
水量は少ないですのが・・。

昔はお金を払えば蓮台に乗せてもらえ
何人かはお約束で川に落とさて、なかなか笑えて面白かったです。

最近は観に行ってませんので分かりませんが・・・。

今年は、新島田市誕生なので、旧島田市と旧金谷町。
仲良くやると思いましたが 相変わらず、
観光協会の電話は2つありますし、会場も2つあるそうです。

それでも、10年前より規模が小さい?

まぁ仕方が無いのでしょうが・・・。暇な好き方は大井川を渡って、両会場行ってみてください。

ポスター1
ポスター2
スケジュール
 
 参照リンクの無いTBはご遠慮下さい。コメントTBは、確認後表示する設定です。  
 公開されたくないご意見ご感想はその旨を添えて送信をお願いします。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/para080/50170647
     名前
     
     メール(webに公開されます。)
     
     URL
     
     コメント
     
       情報を記憶: