2005年08月05日

モンゴル土産「馬乳酒」を飲むと・・。

知り合いがモンゴルに旅行に行ってきたそうで・・・。

「椎名誠にファンなのか?お前」

「馬に乗ってジーンズを乾かしてきたか?」

「モンゴル相撲VS大相撲はどうだった? 」

「モンゴルの女の子に蒙古班みせてきたか? 」



など、意味の無い話をしていましたが・・・。

「土産話もいいが、なんかくれ」

という事で 馬乳酒をもらう。

モンゴル土産

発酵して 炭酸がすごい!!

最近読んだラズウェル 細木 「酒のほそ道」
発泡日本酒 を紹介していて飲んでみたいと思っていたので

全然違う物ですが、酒は酒ですのでとぐっと飲んだ所・・。

「あんまり、飲まない方がいいですよ。

お腹壊しますよ」


はぁ? こんなもん飲ませるんじゃねーよ思ったら、

一回お腹を下すと体の中の悪い物がすべて出て健康になるらしい。
モンゴルの人も初めての時ははお腹を下すとの事。

一応納得して、一杯だけ飲みましたが・・・。一応お腹の具合は大丈夫でした。

『都心で働く一社会人のつぶやき』− 馬乳酒
にも書いてありました。

ちなみに彼のモンゴル相撲は3勝3敗の5分の星だったそうです。
国際交流してきたみたいです。

☆馬乳酒
100リットル容の牛皮袋(フフール)に馬乳を入れ
スキーのストック状の棒(ブルール) で3〜4時間、
3000〜7000回ぐらい上下に撹拌する。しばらく放置しておくと、
ブツブツと炭酸ガスが泡立ち、
発酵してアルコール分2〜3%の馬乳酒ができあがる。
軽い酸味があり、 ビタミンCが豊富な馬乳酒は
冬の間の肉食に疲れた内臓を養生させてくれる。


 
 参照リンクの無いTBはご遠慮下さい。コメントTBは、確認後表示する設定です。  
 公開されたくないご意見ご感想はその旨を添えて送信をお願いします。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/para080/50128421
この記事へのコメント
 昨日、モンゴルから帰ってきました。
 モンゴル名物馬乳酒をなんとしても味わってみたいと思っていましたが、残念ながら機会に恵まれず、最終日にゴネゴネしたところ、ガイド役のモンゴル在住日本人の方が自家製のをくれました。
 知恵を絞り、何とか持って帰ってきたものの、モンゴルからソウル、関空、四国までの道のりは遠く、チンギスハン空港でつまみ飲みした時より、すっぱくなっています。
 日本酒も、かもしすぎるとお酢になる。馬乳酒も最後は
お酢なのでしょうか?貴重な菌は滅亡?
 ちなみに、お腹はぜ〜んぜん大丈夫でした。(つまんだ程度だから)
 そして、モンゴルは、ナイスバディーの美女でいっぱいでした。
Posted by もか子 at 2012年08月14日 21:06
     名前
     
     メール(webに公開されます。)
     
     URL
     
     コメント
     
       情報を記憶: