2005年07月30日

パチスロで喰っている方より電話

夜、今日も暑いなーと思っていると携帯電話が鳴った。
また、飲み屋のお誘いか?などと思ったら、Aさんからだった。

彼は、大変素晴らしい方で、昔、よく一緒にパチンコ屋に行きましたが(4.5人で)
種切れで帰ろうとすると、丸井から自分の分だけではなく他の人の分まで金を借りてきて

「もう少しで出るから、この金で打て。」

とお金を貸してくれた男気のある方です。(笑)
(もちろん返しますが、丸井の利子はA持ち)

彼は俗に言う「マーチ」を卒業→一流と言われる証券会社に入社→
退社→司法試験受験→パチンコ・スロットにハマル →有名パチスロ企業営業→退社
今ノウハウを生かしパチプロ

と素晴らしい人生を歩んでいる方だ。

早速電話を取り。

「もしもし、お久しぶりです。」
「お久しぶりじゃねーよ。お前」
「まぁまぁ・・・。」
「どーですか、最近ちょーしは?」
「まぁ俺は強いからね」
「今ドコで打ってるんですか?」
「今、札幌 甘いよ甘い」
「本当ですか?今度は北に旅打ちですか?」
「そうそう、そー言えば、みんな言ってますよ、
名波誠のモデルはAさんじゃないかって(w」
「名波?・・いやぁー彼は凄いよ・・初めての店とかわからないよ
ほんと、ほんと、でもこっちは甘いよ、ススキノ代も出ちゃうよ(w」

「相変わらず、強いですね・・いいネタでもあるんですか」
「ねーよ、バカ・・まぁあっても教えないけどさぁ」
「なに言っているんですか?
この前は関西に旅うちして東尋坊に行ったそうじゃないですか?
 みんな、心配してましたよ、死に場所探しているんじゃ無いかって」
「何いってるんだ(笑)
そんな事よりよ!お前、○○に言っとけ、女紹介しろって」

「何言ってるんですか?Aさんモテモテらしいじゃないですか?
聞きましたよ
 茨城のコーヒーねーちゃん達と
 バーベキュウしたらしいじゃないですか 」

「うるせーよ」

「それでいつ帰ってくるんですか?」
「せっかくだから、ねぶた祭り見て帰るよ」
「優雅ですね・・・。帰ってきたら飲みましょうよ」
「俺、忙しいから」
「まあまあ、××も結婚したことだしたまには集まって」
「そうだな、じゃ俺忙しいから また」
「またまた、暇でしょう?」
「うるせーよ。じゃあな」ブチ


・・・・電話終了。

別にオチも無いんですが・・・。

 
 参照リンクの無いTBはご遠慮下さい。コメントTBは、確認後表示する設定です。  
 公開されたくないご意見ご感想はその旨を添えて送信をお願いします。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/para080/50115300
     名前
     
     メール(webに公開されます。)
     
     URL
     
     コメント
     
       情報を記憶: